Roman's BBS
[記事リスト] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトルRe: 低画素数信仰者とか
投稿日: 2009/09/18(Fri) 08:10
投稿者magnon


> 写真ってある意味,感性のモノ。どうも数値ばかり並べる人は怪しいです。

技術的な観点で言えば、数値と感性をいかに合わせるかというのが、この話の
重要な問題点で、単純な測色的というべきか分光特性な問題だけではなく、
人間の目の色の認識の仕方と素子やカラーフィルタの分光特性のバランスを
どう考ええていくかにあると思うので、数値を否定すべきではないと思います
し、感性も無視すべきではないと思います。たぶん片方のアプローチだけでは
永遠に解決しないでしょう。もっと多角的に見ないと。

そういう点でプロのカメラマンさんはもっと感性にこだわってメーカーさんに
物を言って欲しいと思っているんですが、雑誌記事を書いたりしている人は
どうもバイアスが乗ってしまうので、メーカーの設計屋もしくはエンジニアが
考えもしないことを言ってくれてていない気がしています。

個人的にざっくり思っているのは、5Dと1Dsに差があるとならば、画素ピッ
チに大きな差がなく、おそらく撮像素子の回路技術的には素子の開口率が大き
いであろう5Dの方がS/N込みで「撮像素子1個」あたりの性能は良いんじゃないかと
思っています。(S/Nはあんまり変わらないとは思いますけど。) ただ5Dはコス
トを落とすために2回露光できる用に製造されていますが、1Dsは3回露光で製
造されています。おそらく微細化効果で周辺回路を小さくできたので2回露光
で製造できるようになったと思うのですが、その分撮像素子周辺のアナログ
回路の性能が1Dsから5Dで劣化しているんじゃないかと思います。(微細化で
特性が劣化したかもとか、場所の余裕がある分だけ1Dsでは贅沢に作り込めてた
と言うことかもしれませんが。ただし微細化は単純に悪ではないです。
おそらくそのメリットを理解できないことはないでしょう。)

であるならば、今の技術で画素ピッチと開口率が大きな素子を作ってもそう
そう巧くいかんだろうというのが私の意見です。まあ他に考えられる要素は
ローパスとかマイクロレンズの配置とかあるんでしょうが、そっち方面は
わからないので・・・

まあこれはもっと素人の推論でしかないですけど。

では、


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ※必須
Eメール 公開または未記入  非公開
タイトル sage
ホームページ
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
パスワード (英数字で8文字以内)
画像File (←500kB程度まで)
プレビュー  

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード