Roman's BBS
[記事リスト] [新着順記事] [ワード検索] [過去ログ] [管理用]

タイトルダイナミックレンジ幅に命中させるのは難しいですね。
投稿日: 2008/04/07(Mon) 17:34
投稿者S&L

> どうもどうも!S&L さん、その節はお世話になりました。

私こそお世話になりました。
あの頃はちょうど、デジイチの導入のタイミングだったのでいろいろ勉強してたんですよ。
でも、いまだに良くわからないことだらけです。(笑)
特にRAW関連とダイナミックレンジが。

> いやいやNoise Ninja はS&Lさんの某BBSでのご発言をきっかけに購入したんですよ。
> いい情報をいただきましたです(笑)。

なんか調子いいみたいですね。
けっこうセンスの良いNRですよね。やはり評判の良いものはそれなりに理由があるのですね。
僕は、キャノンのライバル会社Nikonの採用しているNIKのソフトを導入してみました。
あのソフトはディティールは消えますね。
コンデジみたいな品の無い画像になります。
でもNR効果は高いので、3200を救済する場面には使えそうです。
個人的には一般写真の場合は、DPPの十分です。天体写真の場合はNoise Ninjaにしようと思ってます。

> やっぱり厳しいですね。というのはここまで輝度差があると、
> ポジはおろかネガでも厳しいんじゃないでしょうかねえ。

ほんとうは、こういうシーンで「目で見たとおり」に再現できると嬉しいんですが、デジカメだとやっぱりまだ無理なのかもしれませんね。
いつもお願いしているカメラマンの人は今でも4*5で撮影してるんですが4*5だとダイナミックレンジが広いらしくけっこう外の景色と室内が両立できました。ところがラボの都合でせっかく4*5で撮影しても35ミリフィルムみたいな深みのない階調になってしまうんで、それなら最初からデジイチで撮影するほうが良いことが多くなりました。

> インテリア仕事でこの様なケースだと必ずレースのカーテンを締めて
> なおかつ輝度差をカメラのレンジ内に入れるために、室内側からストロボを焚きます。
> 手間を掛ける人は、更に窓の外側にトレペを貼ったりしますね。

クライアントの立場でいうとそれではダメなんです。(笑)
窓の外には景色が目で見えたように展開しなければないらないのです。
室内からどのように外を切り取るかが仕事のテーマなのです。ホテルの個室の室内撮影みたいものならなんでもありなんですけどね。
たとえば、宴会和室で雪見障子越しに外の庭園が見えたいのです。(なんとわがままな)

> とりあえず、飛ばないか潰れないかという、グレーレベルでは、ほぼ同じだと思います。
> しかし、この辺りの “振る舞い” につては、非常に良い特性をもっており、
> 大袈裟かもしれませんが、今のEOSデジとはこの“振る舞い” が結構別次元です。

初代は、銀塩に近似させた特性を狙っていたようですね。
シグマのレンズ設計の人は、ニコンとキャノンの画像が、同じレンズを使っているにもかかわらずまるで違うと言っていました。「どうもフィルムと同じような特性となるようにトレースしているらしい」と。
5Dはmk2とでは、当時の計測記事を見ると計測的にも1EVの差がありますね。もちろん5Dが狭いです。

> 特にフィルムをやってた方なら解って頂けるとおもうのですが、
> 飛び際、潰れ際まで色分離性を保ち自然な諧調があります。
> またフィルム現像の、現像時間を加減する様な、増感・減感の救済幅が広いです。

今から30年前に撮影したコダクロームのポジを改めてみると、ピーカンに晴れた景色でも、ハイライトもシャドウもしっかり情報が記録されていて、どこにもつぶれたところはないですね。ライトボックスでルーペで見るとすごく生き生きした景色が展開していてびっくりします。あの当時は、コダクロームの発色は良かったのですね。改めてみると驚きます。
その後、フジフィルムが伸して来て傾向が変わりました。
家の冷蔵庫にはまだコダクロームが1カートン眠っています。現像は外国送りになりますが。(笑)

> 違う表現をすると初代は飛んでも飛び方が自然なんですね。
> 今のEOSでは、三脚+段階露光しないと無理だと思います。

僕も良くわかりました。ほんとにデジイチはレンジが狭いです。どこを飛ばして飽和させるのかノウハウがいりそうです。
ブラケッティング撮影はインテリアの場合は必須ですね。
あとからよい所だけスタックするのが良さそうです。
個人的には輝度優先露出は嫌いです。なんか画面がざらついてしまうので、だったらシビアに露出してトーンカープか覆い焼きで調整したい感じです。
こういう輝度差の激しいシーンだと、カメラの評価測光は全く役にたたず、スポット測光で狙いを絞らないとだめなこともわかりました。


- 関連一覧ツリー (★ をクリックするとツリー全体を一括表示します)

- 返信フォーム (この記事に返信する場合は下記フォームから投稿して下さい)
おなまえ※必須
Eメール 公開または未記入  非公開
タイトル sage
ホームページ
メッセージ   手動改行 強制改行 図表モード
パスワード (英数字で8文字以内)
画像File (←500kB程度まで)
プレビュー  

- 以下のフォームから自分の投稿記事を修正・削除することができます -
処理 記事No パスワード